最初はお祭りですくってきた金魚のための水槽からはじまり、エンゼルフィッシュ、ディスカスそして気が付いたら海水魚に・・・。 サンゴやミドリイシにも手を出し、その後海水魚のみに落ち着いていましたが、H30.05にまさかの原因不明の大崩壊。残ったのはホンソメとキイロサンゴハゼのみ。そこからサンゴ水槽として日々精進中です。

帰省から帰宅すると・・・。

一昨日1週間の妻の実家から帰省しました。

 

恐る恐る水槽を覗いてみると、大方は特に問題なく稼働しておりました。

が、フラグが2本を残して白化しておりました。

二つのウスコモンはどちらも緑色になって色が上がってきている様子でした、一方は大きくなってきているようで、当たったライブロックにくっつこうとしているようです。(写真撮り忘れました)。

 

水質検査は硝酸塩が5~10(高い・・・)、KH12ほどでした。

KHはカルシウム(ドライ)リアクターが効いているようです。

硝酸塩還元塔は立ち上げkあら2~3週間かかるので、もう一週間待ちか・・・?

 

これが効いてくれて、硝酸塩が下がってくれれば新しいものを・・・、先立つものが全くありませんが。