最初はお祭りですくってきた金魚のための水槽からはじまり、エンゼルフィッシュ、ディスカスそして気が付いたら海水魚に・・・。 サンゴやミドリイシにも手を出し、その後海水魚のみに落ち着いていましたが、H30.05にまさかの原因不明の大崩壊。残ったのはホンソメとキイロサンゴハゼのみ。そこからサンゴ水槽として日々精進中です。

硝酸塩測りました。

水槽が落ち着いているとやることが、餌やりとコケ掃除だけでアクアテンションが下がります・・・。

 

と、久しぶりに硝酸塩を測りました。ナガレハナの調子が悪そうなので、硝酸塩かな~と思ったのですがそうでもなさそうです・・・。

 

10ppm?

くらいで、いい値をキープしてくれてます。

 

リフジウムのコケがひどくて、水流を変えてみたら効果覿面。みるみる苔が減ってきてます。水流って大事なんですねぇ。

↑タバネの間にシアノがびっちりだったのがこんなにきれいになってきました。

それから、エビの幼生?みたいなのがうようよと・・・。

タツノオトシゴを入れたらいい餌になりそうなんですが~、どうでしょう。

ただ、その水流が変わったせいでナガレハナの調子が悪いような気もしますが・・・。

 

 

魚たちは元気です~。